トップページ  
  
   

   
創造的成果を生み出す  創進システム   

   
 

   
 
■創進プロセス
 
創進とは、先へ上へ造的に前にむことである。簡単に言えば、漫然と放

置せず、よりよくしようとすることである。つまり「前に進もう!」である。

 
今ここに、鉢植えの花をただ漫然と並べて売っている店員(マンゼンさん)がい

る。ほとんど売れていない。
 
 
一方
鉢をフィルムで包みリボンで結んで売って店員(ソウシンさん)がいる

値段が少々高いがよく売れている
ただ漫然と売るのではなく、より多く売れ

るにはどうすればよいかを考えて売っているからである

 

マンゼンさんのようにただ漫然とやるのではなく、ソウシンさんのようにより

よくしようと創意工夫をする
これが創進である
 

では、創進はどのようなプロセス(流れ)で行なわれるか、次に見てみよう。
 
@テーマ(目標)
 
より多く売るアイデアは、「20%多く売ろう」というように目標を立てること

から始まる
ただ漫然と売っている人は、多く売ろうという意欲がない。だか

ら、多く売るアイデアも出てこない
まずはじめに意欲(意志・意識)、そして

意欲を具体化したテーマ(目標)が必要である

 
Aアイデア
 
テーマや目標を立てたら、次にはテーマを達成するためのアイデアや方法を考

える。常識やただの思いつきではなく
さまざまな視点から広く柔軟に考え創

造的アイデアを出す
そのためにスパーク発想法が役立つ。
 
Bアクション
 
最後に、考えたアイデアを行動に移しテーマを達成する。アクション(行動・

表現)である
ただやるのではなく、効果があるように工夫して行動・表現

し、よりよい成果をあげる

 
以上の流れを整理して示すと、次のような流れ(創進プロセス)ができる。

@テーマ(目標) → Aアイデア → Bアクション
 
 
     
 
■創進の輪をスパイラルに回す(創進する)
 

テーマを立て、アイデアを出し、アクションを起こし、そしてうまくいくと、

「またやろう」「もっとよくしよう」と意欲が湧いてくる
つまりテーマに戻

る。そして、再び「テーマ→アイデア→アクション→……」を繰り返す
すな

わち、図のような「創進の輪」ができる

 
 
なお、再びテーマに戻るといってもまったく同じ所ではなく、よりよくしよう

とより高い所を目指すことになる
たとえば、それまで60分かかっていた作業

が50分でできると、次は40分や30分を目指す
つまりただ回すのではなく、さ

らに上を目指してスパイラルに回す

 

創進の輪は、回すことでさらに回る。クリエイティブな人は、この創進の輪が

スパイラルにぐんぐん回っている。
いつも高い所を目指し、広く柔軟に発想し、

巧みに行動する
いわば「高志・広眼・巧手」である
 
■一つ前のプロセスが重要である
 
創進の輪は、「テーマ、アイデア、アクション」の三つのプロセスのうち、ど

れか一つのプロセスが機能を果たさなくなると
回転に支障をきたす。このと

き重要なことは、まずどのプロセスが止まっているかを知ることである

 
続いて、そのプロセスの補強をするとともに、(ここが肝心だが)その一つ前

のプロセスを刺激するとよい
たとえば、テーマ(意欲)が不調なときはアク

ション(行動)に点火することにより
テーマ(意欲)にエンジンがかかる。

そして、創進の輪が回りはじめる

 

テーマ(意欲)を刺激するためのアクション(行動)は小さなものでよい。あ

る不振の営業マンは「ジョギングついでに公園のごみ拾い」をすることから、


テーマ(意欲)にエンジンがかかる。そうして創進の輪が回り始め、その後営

業のトップにまでなる

 お問合せ 創造システム研究所 メール  KFR03441@nifty.com