成果を上げる講演
   

仕事にすぐ役立つ実践的な内容です
 


トップページ
  
前に進もう !

 
サイトマップ
 
前に進む発想実践セミナー
 
発想力向上 実践セミナー

企画構想実践セミナー
  
発明を生む実践セミナー

 
ご採用先

成果事例

事業案内

講師プロフィール


ツイッター

メルマガ「前に進もう!
 
ブログ「前に進もう !」


お問合せ 
 KFR03441@nifty.com  

創造システム研究所
(C)2016



■講 演 

講演@
 前に進もう!   詳細は下の【講演@】参照
  

      〜枠にとらわれず、前に向かって進もう!〜 
 
      枠にはまった発想をやめ、前に向かって進むことで成果が出る。
 
       その実践ノウハウを習得し、仕事で実際に成果を上げることを目指す。
 
 

講演A
 売れるアイデアの出し方   詳細は下の講演A参照
 
    〜売れない商品がアイデア一つで売れる
 
    いくら頑張っても、売り方が悪いと売れない。売れるアイデアの
 
    出し方を実践トレーニングを交えて確実に習得する

 
講演B 発想力の向上  詳細は資料をご請求ください

    〜発想力を全開し、創造的アイデアを生み出す
 
 
    柔軟に発想を広げ創造的アイデアを生み出すポイント、およびアイ

    デア発想の進め方を実習を交えしっかり身につける
 

講演C
 業績好調! 他にない工夫がある  詳細は資料をご請求ください
 
     業績が好調な人や会社には、他にはない工夫がある。業績を向上さ
 
    せるため、日常において誰でもできる工夫の仕方を習得する。


 

講演D
 一歩から地域を元気にしよう! 詳細は資料をご請求ください
 
     地域おこしをするために何より重要なことは、住民が自ら一歩を踏

    出すことである。その実践ノウハウを身につける。
 

 以上、成果を上げるための講演です。各講演とも事例と具体的方法を多く挙げ、
 
 実践的でわかりやすい内容です。
多くの団体・企業ご利用いたています。
 
 
いずれも、講演時間は1.5〜2時間程度。
  
  
■講 師  創造システム研究所 代表  さとう秀徳

    

講演@ 前に進もう!  
 
    枠にとらわれず、前に向かって進もう!
 

■背景と狙い 

仕事で成果を上げたい!」と多くの人が思っています。

しかし、なかなか思うようにいきません。現状にとどまったままです。

成果が上がらないのは、「忙しいと残業をする」「売れないと値下げをする」

というように、枠にはまった考え方・やり方をしているからです。

枠にはまった(固定した)発想をキッパリやめ、前に向かって進む発想をし

ます。すると、思うような
成果を上げることができます

この講演の狙いは前に進むノウハウを身につけ実務に活用することです。

いつまでも枠にはまった発想をしていないで前に向かって進み、良好な成果を

上げる
ことを目指しています。


■前に進もう!

前に進むには、固定化した現状をそのまま放置せず、「前に進もう!」とトライ

します(課題に取り組みます)。そのために次の2つのステップを踏みます。
 
目標を定める 

まず、目標(目指す所)を定めます。できるだけ明確に(的確かつ具体的に)

設定します。すると、的が絞られ考えやすくなります。

たとえば、単に「デジカメを売る」ではなく、「乳幼児のいる家庭にデジカメを

月に○○台売る」というように明確に設定します。
 
アイデアを出す 

続いて、簡単に使えるT発想法を用いアイデアを出します。ヒント(状況・声)

を書くことで、イメージが広がりアイデアがスムースに出ます。

たとえば「子どものかわいい写真を撮りたい」というお客さんの声をヒントに、

「購入者向けに子どものかわいい写真の撮り方教室を開く」といったアイデア

が出てきます。

子どものかわいい写真は宝物です。このアイデアは、子どもや孫のかわいい写真

を撮りたいと思っている人の心を確実につかみます。結果、売上アップにつなが

ります。
 
アイデアを出したらアクションです。計画を立て一つひとつ実行します。

以上の
ステップを踏むことで、誰でも前に進む成果を上げることができます

この講演では、これらのポイントをわかりやすくお話しします。実践ワークも

取り入れています。ノウハウが確実に身につき実務にすぐ使えます。



■プログラム 


1 前に進み成果を上げる 

 ○枠にはまった(固定した)発想にとらわれるな
 
 ○状況の変化に柔軟かつ素早く対応する

 現状にとどまっていないで前に進む、トライする

 ○目標を明確に設定し、柔軟に発想を広げる



2 目標を定め柔軟に発想する
 
 ○目先にとらわれず、あるべき姿を目指す
  
 ○目指す所をハッキリ定めることで前進できる
 

 ○今ここの状況・声をよく見る聞く

 ○仕事バカ・専門バカになるな、視野を広げる


3 実践! 前に進もう!

 ○仕事の問題や課題を取り上げる

 ○目標を的確かつ具体的に設定する

 ○T発想法を用い、ヒントを書いてアイデアを出す

 ○アクションを起こし、成果を上げるポイント

   
 
講演A  売れるアイデアの出し方
 
     売れない商品がアイデア一つで売れる !


■特 徴
 

商品が売れないとき、「客を呼び込む」 「チラシをまく」 「戸別訪問をする」…などして、

頑張って売ろうとします。しかし、思うようにいかないのが実情です。
 
  
いくら頑張っても売り方が悪いと売れません。今までの効果のない売り方をいつまで
 
も続けるのではなく、一度立ち止まり売れるアイデアを考える必要があります。
 
 
多くの人(約9割)は、「売れるアイデアなんか出ない」 と諦めています。しかし、それは

単なる思い込みです。ポイントを押さえればちゃんと出ます。
 
 
この講演では、誰でも簡単にできる 「売れるアイデアの出し方」 を実習を交えて身

けます。
 
 
そのポイントは、「目標をハッキリ定める」 と 「アイデアを書いて考える」 です。

この2つ
のポイントを押さえれば、売れるアイデアが簡単に出てきます。
 
 
論より実践。さあ、あなたもペンを持って参加してください。そして、売れるアイデアの

出し方を身につけてください。


■プログラム



1.アイデア一つで売れる

 @9割の人は、効果のない売り方を続け低迷している

 Aこの機会に、マンネリ化した売り方をスッパリやめよう

 B売上好調の人は、ここに着眼しこう考えている

 Cあなただって、アイデア一つで売れるようになる


2.売れるアイデアの出し方  【実習主体】

 @腕を組んで考えてもアイデアは出ない

 A目標(目指す所、コンセプト)をハッキリ定める

 BT発想法を用い、ヒントを書いてアイデアを出す

 C「売れない」を「売れる」に変える6つの視点

 D実際に売れるアイデアを出す
 

 タイトル、内容、時間等は、目的やご都合に合わせ柔軟に対応いたします。

  お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 お問合せ 創造システム研究所(案内)  メール  KFR03441@nifty.com