すぐ役立つ講演
 
   
 
ペンを持て! アイデアが出る
 
   
 

あなたはペンの力に驚くだろう
 
思いもしないグッドアイデアが出る

 



トップページ
  
ペンを手に進もう!

 
■研修

 
ペンを手に 発想力全開
 セミナー
 
ペンを手に売上アップ
 実践セミナー
 
■講演

・ペンを持て!
 売上が増える
 
■ご案内 

ご採用先

成果事例

事業案内

講師プロフィール


ツイッター 

メルマガ
 「ペンを手に進もう!

 
ブログ
 「ペンを手に進もう!」



お問合せ 
 KFR03441@nifty.com  

創造システム研究所
(C)2019


 


■主 旨 

いきなりですが、次の問題を考えてください。
 
 ある商店街のことです。八百屋さんが商売をしています

 最近、近くに強力な競合店(食品スーパー)ができました。ピンチです。

 
どうすれば食品スーパーに対抗できるでしょうか。アイデアを考えてください。
 
いかがでしょうか。アイデアが出たでしょうか。

アイデアは腕を組んで考えても出ません。ところが、ペンを持つと出ます100

人中100人
アイデアが出ます。出ない人はいません。

わたしは、アイデア発想法の研修を企業や公共団体で長年行なっています。

ペンを持ち書くことの重要性について、次のような声が数多く寄せられています。
 
 仕事でアイデアが求められるが、いくら考えてもアイデアが出ない

 そこで、自分にはセンス・能力がないと思っていた。

 ところが、書いてアイデアを出すことで非常に簡単にアイデアが出た。

 アイデアが出ないのはセンス・能力の問題ではなく、アイデアの出し

 方に問題があったのだ。
 
まったくこの通りです。重要なのはアイデアの出し方です。

ペンを持ち書いてアイデアを出すという方法を身につけることで、それまで思う

ように出なかったアイデアがすらすらと出るようになります。
 
先の八百屋さんの場合、たとえば「野菜の調理の仕方をよく知らない」という

お客さんの声を書きます。

すると、「野菜の調理法を書いたレシピをお客さんに渡す」「野菜の調理教室

を開く」というようにアイデアが出てきます。

声を聞くだけでは通り過ぎます。ところが、書くとしっかり認識し、「では、

こうしよう」とアイデアが出るのです。結果、売上アップにつながります。

さて、世の中に目を向けてみましょう。

国際化がますます進展するとともにIT化やAI化が急激に進んでいます。

トヨタの社長は「100年に一度の大変革の時代に入った」と言っています。

このように変化の激しい現在、仕事のあらゆる場面でアイデアが必要です。

こうした背景を踏まえ、この講座では、ペンを持ち書いてアイデアを出す方

法をわかりやすくお話しします。とともに実践します。

仕事で抱えるテーマ(問題・課題)に取り組み、実際にアイデアを出します

実務にすぐ役立ちます。ぜひペンを持って参加してください。


■講 師

 創造システム研究所 代表  さとう秀徳


■対象者

 アイデアが求められているビジネスパーソン


■プログラム  (1.5~2.5時間)


1. 腕を組むな、ペンを持て 

 ◎ 変化の時代、ますますアイデアが求められている

 ◎ アイデアは考えても出ない。ペンを持てばすらすら出る

 ◎ 常識や固定観念にとわられず、柔軟に発想を広げる

2. 実際にアイデアを出そう! 【実践】

 ◎ 抱えているテーマ(問題・課題)を放置しないで取り上げる

 ◎ 目指す所をはっきりさせ、目標を明確かつ具体的に立てる

 ◎ Tシートを用いヒント(状況・声)を書きアイデアを出す

 ◎ 出したアイデアにコメント(意見)をもらう

 
 タイトル、内容、時間等は、目的やご都合に合わせ柔軟に対応いたします。

  お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 お問合せ 創造システム研究所(ご案内)  メール  KFR03441@nifty.com