成果を上げるグッドアイデアを出す研修                                出張研修
 
    
 グッドアイデアを出す! 実践セミナー     
    
 
進む発想をして、実際にグッドアイデアを出そう!
 
仕事でアイデアを求められている人は必修。

思いもしないグッドアイデアが出る。はたしてどんなアイデアが出るか。
  


トップページ

進む発想をしよう!
 
■研修

売れるアイデアを出す! 実践セミナー

発明を生む実践セミナー
 
■講演

グッドアイデアの出し方

売れるアイデアの出し方

 
■ご案内

ご採用先

受講者が上げた成果
事例


創造システム研究所の
ご案内


講師プロフィール


ツイッター

メルマガ
「進む発想をしよう!」


ブログ
「進む発想をしよう!」



お問合せ 
 KFR03441@nifty.com  

創造システム研究所
(C)2019

 
■研修の狙い

 
  仕事でアイデアを求められるが、いくら考えてもアイデアが出ない。

  そこで、自分には能力やセンスがないと思っていた。

  ところが、進む発想法を用いることで簡単にいいアイデアが出た

  アイデアが出ないのは能力やセンスの問題ではなく、アイデアの出し

  方に問題があったのだ。


これは受講者の声です。このような声が数多く寄られています。

腕を組んで考えてもアイデアは出ません。

ところが、進む発想をすば簡単にアイデアが出ます。それも、思いも

しないグッドアイデアが出ます。


世の中に目を向けると、国際化がますます進展するとともに、IT化やAI化が

急激に進んでいます。

トヨタの社長は、「100年に一度の大変革の時代に入った」と言っています。

このように変化の激しい現在、仕事のあらゆる場面でアイデアが必要です


この研修では、グッドアイデアを出す実践手法(進む発想法)を身につけます。

ただ聞くだけでなく実践をします。仕事で抱えるテーマ(問題・課題)に取り組み、

成果を上げるグッドアイデアを出します。


どんなアイデアが出るか
、楽しみに参加してください。


■ポイント

進む発想をするポイントは、ペンを持つ目標を定めるヒントをつかむ

の三点です。具体的には以下の通りです。


まず、ペンを持ちます。腕を組んで考えてもアイデアは出ません。

ペンを持ち書けば発想が広がりアイデアが出ます。

続いて、テーマを提起します。そして、目指すべき所をはっきりせます。

その上で、目標を的確に定めます

たとえば、あなたはカメラ屋の店主だとします。コンパクトカメラが思うように

売れません。そこで、「
コンパクトカメラが売れない」とテーマを提起します。

このとき、値下げをする、PRをするといった目先のことをしてもうまく行きません。

そうではなく、「何を目指すべきか」と自問し、目指すべき所をはっきりさせます。

目指すべき所は「お客さんに喜ばれる」です。

これをもとに、「子どものいる家庭に喜ばれる」と目標を定めます。

こうして目標を定めたら、目標を達成するアイデア(方法、手段)を出します。

アイデアは腕を組んで考えても出ません。ヒントをつかめば出ます。ヒントは状況

やお客さんの声です。

たとえば、「子どものかわいい写真を撮りたい」というお客さんの声をヒントに、

「子どものかわいい写真の撮り方教室をひらく」とアイデアが出ます。

子どものかわいい写真は、家族にとって何よりの宝物です。

このアイデアは、子どもや孫のかわいい写真を撮りたい人の心を確実につかみます。

喜ばれます。売上アップにつながります。グッドアイデアです。


以上、ただ腕を組んで考えてもアイデアが出ませんが、ペンを手に目標を定めヒ

ントをつかむ
こと
で、成果を上げるグッドアイデアを出すことができます。

実際、これまで「新商品の企画」「新技術の開発」「売上アップ」「コストダウン」

「業務の効率化」など、,000万円以上の成果を上げた事例が数多くあります。

詳しくはこちら



■目指す成果

○独創的な新商品(新事業・新サービスなど)の企画・開発

○従来の発想にとらわれない新技術・新システムの開発

○売上の増加・販路拡大。新しい集客方法や販売システムの創出

○業務革新。業務の効率アップ。生産性の向上。コストダウン

○日常業務の問題解決や職場のコミュニケーションの改善 など


■対象者

アイデアが求められているビジネスパーソン 

 常識や固定観念にとらわれやすく思うようにアイデア・成果が出ない人

 特に、20代・30代(発想力開花世代)

 これまでのご採用先はこちら


■習得できる手法


@進む発想法(ペンを手に目標を定めヒントをつかみアイデアを出す方法)
 
A実行案の選び方  B企画・提案書の書き方  Cプレゼンテーションの仕方


■研修の進め方  

○本研修は出張研修です。講師が貴社・貴団体に出向いて研修を行ないます。

○優れたアイデア・成果を生み出す発想手法(進む発想法)を身につけます。

 その上で実務のテーマに取り組み、成果を上げるグッドアイデアを実際に出します。

 業務で抱えているテーマ(問題・課題)に取り組み成果を上げる絶好の機会です。

○テーマの提起シート、アイデア発想シート、実行案の選択・育成シート、

 企画・提案書など、実務ですぐ使える実践シートを用います。

○実習では講師が回って一人ひとり指導します。自分のとらわれた考え方や思

 考のクセを知る
ことができ、眠っている発想力・創造力を開発できます。


■講 師 

創造システム研究所 代表  さとう秀徳


 単なる研修に終わらず、実際の行動・成果に結びつくことを目指しています



■プログラム (1日コース


9:00



















 
12:00

13:00



















17:00


グッドアイデアを出す基本ポイント

 ◎柔軟に発想を広げ、グッドアイデアを生み出すポイント

 ◎ペンには発想力がある。書くとアイデアが出る

 ◎目標をはっきり定め、ヒントをしっかりつかむ

 ◎成果を上げるプロセス 「目標→ヒント→アイデア→アクション」

 ◎仕事バカ・専門バカになるな。視野を広げる、休離する


実践! グッドアイデアを出す

 ◎仕事のテーマ(問題、課題)を提起する(書き出す)

 ◎目指すべき所をはっきりさせ、目標を明快に設定する

  ここが重要。グッドアイデアを出すカギがここにある

-------------------------------------------------
  昼  食
-------------------------------------------------

 ◎進む発想シート(Tシート)を用い、ヒントを書いて発想する

  ヒント(状況・声)を書くことでイメージが広がりアイデアが出る

  目標達成に関する状況を書く。関係者の声(意見・要望)を書く

 ◎アイデアの選択・育成

  実行案(ベストアイデア)を選び、より効果的・具体的にする

 ◎説得力のある企画・提案書の作成

  実行案をA4・1枚のシートにわかりやすくまとめる

 ◎プレゼンテーション(発表)および質疑応答、講師の講評

  質疑応答により内容が深まる。発表を聞くことで視野が広がる

 ◎行動を起こし成果に結びつける必須条件


○以上は多くの企業・公共団体で実施し成果を上げているスタンダードな内容です

○内容・時間は予定であり、研修目的に合わせ効果が上がるよう柔軟に対応します

○実習やトレーニングで個別指導を行ないますので、効果の点から1クラスの適正な

 人数は20名程度までです。これ以上はクラス分けとなります


○ご質問がございましたら、下記へお気軽にお問い合わせください


お問合せ 創造システム研究所(ご案内) TEL 03-3870-3876  メール  KFR03441@nifty.com


下の講演、研修もあります。

すぐ役立つ講演 「グッドアイデアの出し方

すぐ役立つ講演 「売れるアイデアの出し方

実際に成果を上げる研修 「売れるアイデアを出す!実践セミナー