成果を上げる基本
    
  
前に進もう!
 常識にとらわれず、目標に向かって進もう! 
 
    


 
トップページ
 
サイトマップ
 
前に進む発想実践セミナー
 
発想力向上 実践セミナー

企画構想実践セミナー
    
発明を生む実践セミナー

成果を上げる講演

 
ご採用先
 
成果事例
 
事業案内
 
講師プロフィール

 
ツイッター
 
メルマガ「前に進もう!」
 
ブログ「前に進もう」


お問合せ 
 KFR03441@nifty.com  

創造システム研究所
(C)2017
 
■今まで通りやるな
 

「仕事で成果を上げたい!」と多くの人が思っています。しかし、なかなか
 
思うようにいきません。そのために現状にとどまっています。

能力や経験、あるいは知識や技術が不足しているからでしょうか。

そうではありません。「忙しいと残業をする」「売れないと値下げをする」

というように、常識にとらわれたやり方をしているからです。

常識にとらわれたやり方をキッパリやめ、前に進むやり方をします

そうして現状にとどまらず前に進みます。すると、成果を上げることができ 

ます。早い話、立ち泳ぎをしていたのでは前に進みません。泳ぎ方をクロー

ルや平泳ぎに変えることで、前に進むことができます。
  


前に進もう!

前に進むためには、常識にとらわれた現状を放置せず、「前に進もう!」と
 
トライします(問題・課題に取り組みます)。そのポイントは次の二つ。

 目標を定める

 ヒントをつかむ

まず、目標を明確に設定します。目指す所をはっきりさせます。これが重要で
 
す。多くの人は、目標があいまいなまま場当たり的に行動しています。

続いて、ヒント(状況・声など)をしっかりつかみます。そのために書きます。

書くと発想が広がります。そうして目標を達成するアイデア(方法・手段)を

出し、着実に実行し成果に結びつけます。

たとえば、会議の時間が長いとします。ならば、「会議の時間を半減する」と

目標を定めます。

そして、ヒントを(状況・声など)を書きます。たとえば、「座って会議をし

ている」と書きます。すると、「立って会議をする」とアイデアが出ます。

実際、立って会議をしたら、2時間以上掛かっていたのが40分程度(3分の1)

に減った事例があります。

以上、目標を定めヒントをつかむ(書く)ことで、誰でも前に進む
(成果を上げ

る)
ことができます。

なお、「立って会議をする」というアイデアは、「座って会議をしている」と

ヒントを書いたから出てきました。ただ腕を組んで考えても出てきません。


数多くの実績がある
 
当研究所は、前に進み成果を上げる研修・セミナーを企業や公共団体で行なっ

ています。受講者は若手(25〜40歳)がメインです。彼らは職場で活躍が期待

されています。

ところが、やり方がいつしか固定化し、思うような成果を上げていません。

そこで当研究所の講座を受講し、前に進む手法を身につけるのです。

講座は実践主体です。各自が仕事で抱えるテーマに取り組み実際にアイデアを

出します。そして、業務の中で実行し成果を上げます。

これまで2万人以上が受講しました。その結果、新商品企画、売上アップ、新

技術開発、コストダウン、業務の効率化など、数多くの成果を上げています。

年間1000万円以上の成果も少なくありません。

機会があれば、次の研修や講演をご利用ください。前に進む実践ノウハウが

しっかり身につき、成果を上げることができます。



 ○前に進み成果を上げる研修 「前に進む発想 実践セミナー
 
 ○新発想を生み出す研修 「発想力向上 実践セミナー

 ○前に進み成果を上げる講演 「前に進もう!」 

 
  お問合せ 創造システム研究所(案内)  メール  KFR03441@nifty.com